就職活動でクレジットカード現金化を活用する

学生にとって就職活動は、非常に大きなイベントであると同時に、それなりのお金を必要とする活動でもあるわけです。特に地方の大学に通っている場合は、交通費と宿泊費で相当な出費を強いられることも多いので、金銭面で困ってしまうことも多いのです。
■クレジットカード現金化で金銭問題を解決する
学生でもクレジットカードは比較的容易に発行することができます。そのため、事前にカードを発行しておき、もし就職活動でお金に困った時には、クレジットカード現金化で解決することもできるのです。
どうしても学生の場合、銀行や消費者金融でお金を借りることは難しいので、カードのショッピング枠現金化によって、金銭面の悩みを解消させることが可能となるのです。
■すぐにお金が欲しい時にも便利
就職活動では、急に面接の日時などが決まることも少なくないので、すぐでにもお金が必要となる場面もあるわけです。そんな時でも、クレジットカード現金化であれば、即日でお金を入金してくれますから、とっても便利な存在になってくれるのです。もちろん審査が行われることもないので、余計な時間や手間もかからないのです。
■現地でも簡単に申込むことができる
クレジットカード現金化は、携帯電話でもスマホでも申込むことができるので、就職活動先の現地でも簡単に申込むことができるのです。予定よりも長く滞在することになった時でも、必要な分だけ現金を補充できるわけです。
■他の手段よりもオススメできる
クレジットカード現金化は、他にもゲーム機や金券の買取、ネット通販やオークションの活用、携帯決済や電子マネーの利用など色々な方法があります。ただ、これらは還元率が大幅に低かったり、カードの利用停止のリスクがあったり、それなりの知識を要したり、詐欺被害に遭う可能性があったりするのです。
そういったことを考えると、やはり優良な専門業者にショッピング枠現金化をしてもらうのが、無難でオススメできると言えるのです。

クレジットカード現金化業者に良し悪しを見極める

クレジットカード現金化は、最近でも注目の現金調達の手段になってきていますが現金化をどこでするのかは慎重に選ばなくてはいけません。
というのも、中には悪質な営業をしている業者も居るのでそれを見極めなくてはいけないんですね。
■クレジットカード現金化の業者見極め
クレジットカード現金化をしてくれる業者で、そこが優良現金化会社なのかそれとも悪徳現金化業者なのかを見極める一番最初にやるべきことはホームページのチェックですね。
ホームページには、必ず会社概要という物があるのですがその概要が不透明になっているところは悪徳業者の可能性が高いので利用するならば注意が必要です。
優良店ならば代表者のフルネームや、営業運営をしている本拠地の住所をしっかりと掲載しているし、電話番号などもちゃんと書いてあります。
しかし、悪徳業者はそのあたりをちゃんと明記していないのでここを見るだけでも割りとすぐに判断がついてしまうんです。
■お問い合わせを実際にしてみる
もう一つの判断方法が実際に問い合わせの電話をしてみることですね。
優良現金化業者は、問い合わせに関してもしっかりと丁寧に対応をしてくれるので、取引をする前にかならず問い合わせをするという事が大事なプロセスになってきます。
悪徳現金化業者の場合は、問い合わせをしても具体的な数字だったり取引の見積もりや、実際の入金額なんかは取引をしないと答えられないというようにボカしてくる事が多いので、問い合わせ対応や内容でもすぐに判別をつけることが出来るというところも覚えておいて損はないでしょう。
■業者の良し悪しは取引する前にわかる
現金化業者には、悪徳営業をするところもありますが割りと単純なことでその判別を付けることができます。
悪徳業者は、やり口が巧妙に見えて実は割りと雑だったりしますので、事前に冷静に調べるようにさえしておけば、この手の業者に引っかかってしまうというような心配はないでしょう。

クレジットカード現金化は金券がおすすめ

クレジットカード現金化は、元々はショッピング枠現金化をする形で買い物をし、決済した物を商品買取する形で元気にするものだったんですね。
しかし、昨今ではそのやり方が広まった事でクレジットカードの利用規約に違反することもあり、やりづらくなっているんです。
■新しい形のクレジットカード現金化
ショッピング枠現金化は、買い物をしてから商品買取をしてもらうことで入金手続きをするという物なんですね。
なので、商品の取引を間に挟むということもあって物品の行き来がどうしても必要になってしまいます。
それが、リスクの原因の一つになるのですが最近ではクレジットカード現金化を別の形で行う事が多いんです。
その一つの形になっているのが、チケットやギフトカードを媒体にするというやり方ですね。
ショッピング枠現金化は、クレジットカード現金化の手段の一つですがショッピング枠で最近は商品買取をするのではなく、金券などを購入して取引をするんです。
■金券を使ったショッピング枠現金化とは
ショッピング枠現金化は、買い物をしてからその商品買取をした代金を入金してもらいます。
しかし、本来そういうやり方を即日で行うのはクレジットカードの利用規約の違反行為になってしまうんですね。
だから、それを避けるためにすぐに手に入れる事が出来る金券などをネットで購入し、それを買取してもらう事でショッピング枠現金化をするというような物になっています。
此方の場合は、手元に来るのがとても早く買取価格も一定になっていますので非常に安定した現金化をする事が出来るんですね。
■金券を現金化出来る業者
金言をそのまま現金化する事も出来る業者も増えてきており、クレジットカードの現金化というよりはクレジットカードで決済して購入した金券を現金化するような業者なんです。
此方を利用するのは、クレジットカードの利用規約違反にもギリギリで触れていないという風な事が言えるので、安全です。

クレジットカード現金化の限度額と規約違反

消費者金融で借金をする場合、申込みした希望額が審査に通る保証はありません。
審査に通る自信がない場合、少し低めに希望額を申込むというケースもあるでしょう。
ではクレジットカード現金化の場合は、審査自体行っていないので、希望額を満額で借りる事が可能なのでしょうか?
クレジットカード現金化で借りれる金額について
まず理解しておく必要があるのは、クレジットカード現金化で希望した金額がいくらでも借りれる訳ではないという点です。
確かに審査を行わないため、返済能力などを確認する事はありません。
ですがクレジットカード現金化にも限度額が存在し、その限度額を決めるのは業者ではなくクレジットカード会社です。
クレジットカード会社は利用規約で、クレジットカード現金化を規約違反としているのに限度額を決めているの?
そんなふうに思うかもしれませんが、そうではありません。
クレジットカードを作成する時に、審査が行われその審査によってキャッシング枠とショッピング枠の限度額が決まっているのです。
クレジットカード現金化ではショッピング枠を利用するため、クレジットカード現金化の限度額=ショッピング枠の限度額となります。
そのため人によって10万円という限度額の人もいれば、50万円という限度額の人もいて、借りれる金額は個人差があります。
なぜクレジットカード会社はクレジットカード現金化を規約違反としているのか?
クレジットカード会社にとって、利用者がクレジットカードをどんどん利用するという事は、本来利益につながる行為です。
クレジットカード現金化でも、キャッシュバック付きの商品を購入し、クレジットカードで支払いをするわけで、クレジットカード会社は損をしている訳ではなく、むしろ利益の方が大きいのでは?
そんなふうに考える人もいるかもしれません。
確かにクレジットカード現金化を行った人が全て、延滞する事無く支払いを返済してくれたら利益になります。
しかし、お金がなくてクレジットカード現金化を行っている訳です。
その中のどれぐらいの割合になるかは分かりませんが、延滞やカード破産を引き起こし、支払ってもらえない可能性が通常時よりもクレジットカード現金化を利用した時の方が圧倒的に多いのでしょう。
そもそもクレジットカード現金化は、違法ではありませんが、合法として認められた方法でもなく、法の抜け道を利用したグレーゾーンな存在です。そのためクレジットカード会社が認める訳にはいかないのです。

クレジットカード現金化が抱えるリスク

クレジットカード現金化は急ぎでお金が必要な時、他にお金を借りる手段がない時に救世主のような存在に感じるかもしれません。しかし本当に救世主なのでしょうか?
クレジットカード現金化が危険だ、注意が必要だと言われる理由について紹介します。
クレジットカード現金化のリスクについて
まずクレジットカード現金化自体は違法行為ではありませんが、利用する事で犯罪に巻き込まれる可能性があります。
クレジットカード現金化は審査はありませんが、本人確認として運転免許証の画像を添付する必要があります。
確かに、クレジットカードを利用するのが本当に本人かどうか確認する必要があるため、運転免許証で本人確認をする行為自体は不審な事ではありません。
ですがクレジットカードの番号や入金のための口座番号、運転免許証などのかなり個人情報を業者に知られてしまう事になります。
ネット社会では個人情報は高く売買されています。
クレジットカード現金化の業者が悪質な業者であれば、個人情報を悪用する可能性があります。
そして悪質業者であれば、詐欺に合う可能性があります。
クレジットカード現金化の場合、先にクレジットカード決済で業者が指定した商品を購入し、後から銀行口座に入金される事になっています。しかしその口約束がキチンと実行される保証はどこにもありません。
10万円の商品をクレジットカード決済で購入して、現金が振り込まれなければ、10万円分お金を騙し取られた事と同じです。
クレジットカード現金化がバレたらどうなるか?
クレジットカード現金化を行った事がバレても違法行為ではないため逮捕される心配はありません。
そしてクレジットカードが利用停止になる事に対しても、それほど大した事ないと思っていませんか?
しかし、クレジットカード会社にバレるという事は、凄く大した事なのです。
まずバレた場合の返済方法は、強制的にカードを解約させられるため分割払いやリボ払いは出来ません。
一括払いで返済が求められるうえ、今後自己破産が出来なくなってしまうと知っていましたか?
なぜかというと、裁判官の心証がよくないためです。