クレジットカード現金化の限度額と規約違反

消費者金融で借金をする場合、申込みした希望額が審査に通る保証はありません。
審査に通る自信がない場合、少し低めに希望額を申込むというケースもあるでしょう。
ではクレジットカード現金化の場合は、審査自体行っていないので、希望額を満額で借りる事が可能なのでしょうか?
クレジットカード現金化で借りれる金額について
まず理解しておく必要があるのは、クレジットカード現金化で希望した金額がいくらでも借りれる訳ではないという点です。
確かに審査を行わないため、返済能力などを確認する事はありません。
ですがクレジットカード現金化にも限度額が存在し、その限度額を決めるのは業者ではなくクレジットカード会社です。
クレジットカード会社は利用規約で、クレジットカード現金化を規約違反としているのに限度額を決めているの?
そんなふうに思うかもしれませんが、そうではありません。
クレジットカードを作成する時に、審査が行われその審査によってキャッシング枠とショッピング枠の限度額が決まっているのです。
クレジットカード現金化ではショッピング枠を利用するため、クレジットカード現金化の限度額=ショッピング枠の限度額となります。
そのため人によって10万円という限度額の人もいれば、50万円という限度額の人もいて、借りれる金額は個人差があります。
なぜクレジットカード会社はクレジットカード現金化を規約違反としているのか?
クレジットカード会社にとって、利用者がクレジットカードをどんどん利用するという事は、本来利益につながる行為です。
クレジットカード現金化でも、キャッシュバック付きの商品を購入し、クレジットカードで支払いをするわけで、クレジットカード会社は損をしている訳ではなく、むしろ利益の方が大きいのでは?
そんなふうに考える人もいるかもしれません。
確かにクレジットカード現金化を行った人が全て、延滞する事無く支払いを返済してくれたら利益になります。
しかし、お金がなくてクレジットカード現金化を行っている訳です。
その中のどれぐらいの割合になるかは分かりませんが、延滞やカード破産を引き起こし、支払ってもらえない可能性が通常時よりもクレジットカード現金化を利用した時の方が圧倒的に多いのでしょう。
そもそもクレジットカード現金化は、違法ではありませんが、合法として認められた方法でもなく、法の抜け道を利用したグレーゾーンな存在です。そのためクレジットカード会社が認める訳にはいかないのです。

クレジットカード現金化が抱えるリスク

クレジットカード現金化は急ぎでお金が必要な時、他にお金を借りる手段がない時に救世主のような存在に感じるかもしれません。しかし本当に救世主なのでしょうか?
クレジットカード現金化が危険だ、注意が必要だと言われる理由について紹介します。
クレジットカード現金化のリスクについて
まずクレジットカード現金化自体は違法行為ではありませんが、利用する事で犯罪に巻き込まれる可能性があります。
クレジットカード現金化は審査はありませんが、本人確認として運転免許証の画像を添付する必要があります。
確かに、クレジットカードを利用するのが本当に本人かどうか確認する必要があるため、運転免許証で本人確認をする行為自体は不審な事ではありません。
ですがクレジットカードの番号や入金のための口座番号、運転免許証などのかなり個人情報を業者に知られてしまう事になります。
ネット社会では個人情報は高く売買されています。
クレジットカード現金化の業者が悪質な業者であれば、個人情報を悪用する可能性があります。
そして悪質業者であれば、詐欺に合う可能性があります。
クレジットカード現金化の場合、先にクレジットカード決済で業者が指定した商品を購入し、後から銀行口座に入金される事になっています。しかしその口約束がキチンと実行される保証はどこにもありません。
10万円の商品をクレジットカード決済で購入して、現金が振り込まれなければ、10万円分お金を騙し取られた事と同じです。
クレジットカード現金化がバレたらどうなるか?
クレジットカード現金化を行った事がバレても違法行為ではないため逮捕される心配はありません。
そしてクレジットカードが利用停止になる事に対しても、それほど大した事ないと思っていませんか?
しかし、クレジットカード会社にバレるという事は、凄く大した事なのです。
まずバレた場合の返済方法は、強制的にカードを解約させられるため分割払いやリボ払いは出来ません。
一括払いで返済が求められるうえ、今後自己破産が出来なくなってしまうと知っていましたか?
なぜかというと、裁判官の心証がよくないためです。